goo、マルチウィンドウ表示対応の5.7型「Wiko View」

NTTレゾナントは、「gooSimseller」において、1月25日10時より発売された、5.7型SIMフリースマートフォン「Wiko View」(Wiko製)が話題になっています。

Wiko View.jpg

ディスプレイに、縦横比18:9の5.7型HD+液晶(1440×720ドット)を採用したモデルです。 マルチウィンドウ表示に対応し、複数のWebページを同時にブラウジングしたり、2つのアプリを同時に操作できるのが特徴。カメラ機能は、アウトカメラが1300万画素、インカメラが1600万画素。

このほか主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 425(MSM8917)」、メモリーが3GB、内蔵ストレージが32GB。外部記録媒体がmicroSDメモリーカード(最大128GB)に対応。無線通信はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN規格、Bluetooth 4.2をサポート。microSIM×2で、DSDSに対応。OSは「Android 7.1」をプリインストール。

本体サイズは73.1(幅)×151.5(高さ)×8.7(奥行)mm、重量は160g。ボディカラーは、ブラック、ディープ・ブリーン、チェリー・レッド、ゴールドとなっておます。
気になる価格、17,400円となっております。


なお、販売元がNTTという事で、「OCN モバイル ONE」を同梱しています。月額利用料金は、データ専用SIMの場合が月額900円~、音声対応SIMの場合が月額1,600円~(パケット代900円+音声通話基本料700円+IP電話アプリ「050 plus」月額無料)となります。

本体価格は、らくらくセットの一括購入の場合が17,400円(SIMカード初期費用3,000円含む)、分割払いの場合が月額750円×24回(SIMカード初期費用3,000円含まず)。通常価格は23,400円(SIMカード初期費用3,000円含む)。らくらくセットがお得ですね。




posted by かいりょう at 20:51Comment(0)新商品

アイワ、55V型で4K液晶テレビ「UF10」

アイワから1月18日に発売された、4K液晶テレビ「UF10」シリーズが話題になっています。

UF10.jpg

またまた出ました、4Kの液晶TV!今回は、アイワから発売です。

高輝度・広視野角のIPSパネルを採用した4K液晶テレビです。クリアで聞き取りやすい、オンキヨー製のフロント配置式スピーカーを搭載。スピーカー出力は10W+10Wとなっております。
また、ダブルチューナーを採用し、USB HDD録画による裏番組録画にも対応しています。HDMI 2.0対応の入力端子を4基備えます。この辺が、他の4K液晶TVと違っていますね。

共通の仕様として、解像度が3840×2160ドット、コントラスト比が1100:1、応答速度が9ms、視野角が上下左右178度。

気になる価格、市場想定価格は、55V型モデルが99,800円、49V型モデルが89,800円、43V型モデルが79,800円(いずれも税別)となっております。



スポンサードリンク





posted by かいりょう at 19:15Comment(0)新商品

「スーパーファミコン」のゲームソフトをプレイできる互換機「16ビットポケットHDMI」

コロンバスサークルよりAmazon.co.jpでは2月28日より発売される、家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」のゲームソフトをプレイできる互換機「16ビットポケットHDMI」が話題になっています。

16ビットポケットHDMI.jpg

7型ディスプレイを搭載し、「スーパーファミコン」用ソフトを楽しめるという互換機です。HDMI経由で、クリアな映像をテレビに出力することも可能です。

さらに、画面比率を調整できる変換スイッチを装備し、「スタンダード(4/3)」「ワイド(16/9)」から好きな画面比率でゲームをプレイできる点も特徴です。「NTSC」「PAL」の変換スイッチも付いており、「欧米版のSFC用ソフトにも対応する」という。好みの明るさでゲームをプレイできる「画面の明るさ調整」ボタンも備えています。なかなか通ごのみの互換機ですね。スーパーファミコン世代にはたまりません。


セット内容は、本体×1、専用ワイヤレスコントローラ×2、ACアダプタ×1、HDMI端子ケーブル×1、本体スタンド×1、液晶フィルム×2。専用ワイヤレスコントローラの電池は別売りです。
気になる価格、Amazon.co.jpでの価格は16,920円となっております。


スポンサードリンク